<目次>
1. 急成長を成し遂げた企業は何が凄いのか?
(1)Google
(2)Uber
(3)Dropbox
(4)Netflix
(5)Facebook
2. 猛スピードで拡大しているからこそ、見えない工夫をしている

 

 

 

1. 急成長を成し遂げた企業は何が凄いのか?

世界時価総額ランキング上位の四騎士と称される
『GAFA』をご存知ですか?

これは、大手企業であるGoogle・Apple ・Facebook・Amazonの
頭文字を取った言葉です。

この『GAFA』を含む、
世界の猛スピードで急成長・拡大を成し遂げた有名企業は
何がずば抜けて凄いのでしょうか?

人材?
アイデア?
オフィス環境?
お金のかけ方?

今回は、日本ではなく、
誰しもが知っている海外の有名企業がこだわっていることが
とても興味深く、面白かったのでご紹介しようと思います。

(1)Google

(1)Google

Google Offices – Cambridge
Copyright ©︎ 2016 OFFICE SNAPSHOTS
URL:https://officesnapshots.com/2016/09/12/google-offices-cambridge/

 

検索エンジンでおなじみの『Google』
天才が集まる自由でオープンな組織と言われていますよね。

日本の六本木ヒルズにあるGoogleオフィスの社員食堂には
「カウンター席」がないというのをご存知ですか?

これには理由があり、
“一人ランチが出来ないように。”デザインされているそうです。

“あえて”8人掛けのテーブルをたくさん作る事で
部署を超えて複数人でランチをする機会を作り、
ランチの時間をひとつのコミュニケーションの場とするためです。

利用している人も多いであろう「Gmail」も
Googleの社員食堂でランチを食べながら
雑談している時に生まれたそうです。

さすが、大手企業。
これも、ラリー・ペイジの作戦なのでしょうか・・。

 

 

(2)Uber

(2)Uber

Uber Office – Perth
Copyright ©︎ 2016 OFFICE SNAPSHOTS
URL:https://officesnapshots.com/2018/10/22/uber-offices-perth/

 

こちらはUberのオフィス。
今年5月に上場し注目を集めた会社ですね。

Uberが利用するHR techサービス『Vervoe』をご存知ですか?

日本では、人材採用をする際、
まず面接をする会社がほとんどで
そして会社に適正するのか、スキルはどうなのか
実際に会って話してみてから、その人の中身に迫ると思います。

求職者のスキルや業務パフォーマンスを
事前にオンライン上でチェック。
その後、会社に適正すると判断した場合のみ
実際に会って面接するそうです。

会う前の早い段階で、会社に適するのか分かるため
“求める人材を40日ではなく、4日で採用できる。”というものです。

さすが、猛スピードで急成長した Uber
業務だけでなく、採用面においても極力無駄な時間を省き、
効率的に行っているんですね。

 

 

(3)Drop box

(3)Drop box

Dropbpx Office – Sydney
Copyright ©︎ 2016 OFFICE SNAPSHOTS
URL:https://officesnapshots.com/2017/03/29/dropbox-offices-sydney/

 

仕事をしている人であれば一度は聞いたことがある
利用したことがある人が、ほとんどではないでしょうか?

「あなたのファイルをどこにでも」がキャッチフレーズで
個人ユーザー向けのクラウドツールとしてスタートしたDropbox

当初は、背中にハゲワシが止まっている恐竜が
AK-47という銃を構え、サメにまたがっているユニークなイラストが
マスコットだったんです。

なんだか、可愛いですよね。笑

ライバルであるGoogle Driveに負けないためにも
セールス能力の拡大が、今すぐ必要。

“お金を稼ぐには、お金を使わないといけない”と
スキル重視で採用を強化したそうです。

 

 

(4)Netflix

(4)Netflix

Netflix Headquarters – Los Gatos
Copyright ©︎ 2016 OFFICE SNAPSHOTS
URL:https://officesnapshots.com/2018/05/21/netflix-headquarters-los-gatos/

 

アメリカで給料が高いIT企業
ナンバーワンと言われている『Netflix』

Netflixは、『採用術』が常識外れで面白いんです。

「6ヶ月先の理想的なチームを今作れ」
今いる人材でこれから先の理想を実現できるのか。
では、理想を実現するにはどんな人材のチームが必要なのか。
全てを想像通りにできるチームを6ヶ月先ではなく今作れ。
という事なのですね。

「優秀な人材を業界最高の給料で採用する」
理想を実現するには、優秀な人材が必要ですが
優秀な人たちこそ給料の高い大手企業で働きたいと言います。

しかし、Netflixは、優秀で会社に最適な人材を
業界最高額の給料でヘッドハンティングして自社に引き入れるのだそうです。

 

 

(5)Facebook

(5)Facebook

Facebook – Tel Aviv Offices
Copyright ©︎ 2016 OFFICE SNAPSHOTS
URL:https://officesnapshots.com/2015/08/24/facebook-tel-aviv-offices/

 

知らない人はいないんじゃないでしょうか?

Facebookは、従業員の満足度が高いと有名です。
基本給が高い上に、四半期ごとにボーナスが支払われ、

オフィスの中には、フリードリンクやコーヒー、お菓子があり
働くママさん、パパさんには嬉しい最大4ヶ月の育児休暇制度があります。

また、新卒採用を行わないことでも有名で
ほとんどの人が転職で入社しているのだそう。

そして、Facebook創設者であるマーク・ザッカーバーグは、
数々のビジネスに関する名言を残し本にもなっています。


めまぐるしく変化する時代において、必ず失敗する戦略がある。
それは一切のリスクを取らないという事だ。


素早く行動し、不要なものは捨てる。
何かを捨てなければ、素早く動けないからだ。

ビジネスで革命的なことをするのには、リスクがつきもの。
あれもしたい、これもしたいという
欲張り精神だけの行動は、返って成長を遅くする。
そんな風に感じ取れます。

 

 

2. 猛スピードで拡大しているからこそ、見えない工夫をしている

この5つの企業を見て私が感じたことは
「とにかくスピード重視」
「社員を大切にする」
「チームワーク力の強さ」

あなたはどう感じましたか?

まだまだ、有名企業はたくさんありますので
続編を配信させていただこうと思います。
お楽しみに!